養父市八鹿町にあるラーメン屋「天下無敵」の「高井田系中華そば」をいただきました!

先日の大阪出張からの帰りがかなり遅い時間になってしまい、夜ご飯は道中で食べて帰ることにしました。

前回は、養父市八鹿町の居酒屋「TANIGAKI」さんで一人晩ご飯をしましたが、今回もまた八鹿町に寄り道してきました。

前から行ってみたいと思っていたラーメン屋「天下無敵」さんのインパクト大なラーメンをいただいてきました!

目次

養父市八鹿町にあるラーメン屋「天下無敵」に行ってきました!

お店が23時までとのことでしたが、なんとか22時半くらいに到着しました。
色々ネットで情報は調べていたんですが、特徴的なラーメンを食べさせていただける、ということで楽しみでした。

閉店直前でしたが、数名のお客さんがいて、僕の後少しして4名くらいの団体さんが入ってこられました。

何故か入り口に大阪のマスコットキャラクター「ビリケンさん」がいます。
大阪発祥のラーメンだからかな。

高井田系中華そば

戦後間もないころ、大阪の東部では町工場が盛んになり、そこで働く工場勤めの人達は常に塩分を欲していたそうです。
そこで生まれたのが、濃厚な醤油味と鶏ガラスープで作られた高井田系中華そば。

メニューの中からかなり見た目も名前もインパクトのある「戦そば」というのを注文しました。
麺は1.5倍!もやし2倍!焼豚3倍!ネギ2倍!とかなり大盛りのガッツリ系ラーメン。

メニュースタンドには「当店のスープはガツンと醤油で濃いめです!」と書かれていました。

標準がかなり濃いそうで、希望によっては「普通」「薄い」というように、スープの濃さを変えてもらえるそうです。
今回は初めてだったので、高井田系を味わうならこれ!という標準の「濃い」のままにしました。

到着ー!
すげー、大盛りだ!

閉店直前だったこともあり、もやしが売り切れなので、メンマとネギ増しでお願いします!と店主さんにお詫びされました。
店主さん、かなりお若い方でしたよ。

まずはその濃いスープと、たっぷりのネギをひとすくいして一口。
醤油の味がかなりしっかり目!
濃いです。醤油辛い!
ですが、後引く味です。

色々とたくさん上にのっかっている具材をよけてでてきた麺は太麺でモチモチ。
食べごたえがなかなかのもの。

バーナーであぶられたシャーシューの香ばしい香りがすごく良いです。
そしてこの分厚いチャーシューがまた美味しかったです。これが4枚のっかっていて、これとは別に、ぶつ切りの細かなチャーシューものっていました。

あと、もやしがなかったために増された、てんこ盛りのメンマもすごいっす。
ちょっと笑けた。

最初の一口目のスープのインパクトが凄かったですが、食べているうちに慣れました。
塩分すげーなぁ、と思いつつも、ついつい飲んでしまいます。

いわゆる二郎系ラーメンといわれている、背脂やにんにくてんこ盛りの、男臭いラーメンとはまた別のガツンと男臭い高井田系中華そば。

スタイリッシュな今流行の白湯スープとかとは真逆の、無骨なラーメンでした。
これは好き嫌いが分かれるラーメンだな、と思いましたが、僕は嫌いではないですよ。

スタンダードな醤油ベースの中華そばのお店が多い但馬ですが、そんな但馬でちょっと尖ったラーメンをいただけると思っていませんでした。
これはこれで、このスタイルをこの但馬で貫き通してほしいなぁ、と思います。

男臭さ満点の高井田系中華そば、また食べに行きたいと思います。
ちょっと変わり種のラーメンを食べてみたいなぁ、と思ったら「天下無敵」さんへ!
是非!

豊岡でおすすめの美味しいラーメン特集!【随時追加・更新】

ラーメン好きを自負するワタクシが、これまで実際に食べてきた豊岡、豊岡周辺エリアの美味しいラーメン屋さんをまとめた記事がありますので、ぜひこちらもご覧ください!

「天下無敵」お店情報

飲食ならびに飲食関連をお店経営、運営されている皆様へ

北近畿エリアで飲食店または、飲食に関連するお店を経営、運営されているお店であればどなたでも当サイト「モグキタ」に無料で登録することができます。ぜひご登録ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる