城崎温泉にできた「但馬城崎 おうこつラーメン たぬき」の「塩ラーメン 鴨チャーシュー付き」をいただきました!

なぜ城崎温泉街にラーメン専門店が無いんだろう?
こんなに観光客や人が行き来する街なのに、これまで不思議に思っていました。

ですが、2022年の春、ついに城崎温泉にラーメン専門店がオープンしました!
「但馬城崎 おうこつラーメン」さんです。

場所は、城崎温泉の木屋町小路の一角、城崎郵便局の目の前なので、城崎温泉街の中心地です。

「おうこつ」=「鴨骨」。
文字通り、良質で貴重な但馬鴨の魅力を味わえるラーメン屋さんです。

合鴨はもちろん、他にも竹野産の「誕生の塩」、地元産のこだわりの醤油を熟成させたブレンド醤油など、但馬の食材にこだわり、化学調味料、旨味調味料不使用。

その至極の一杯、早速いただいてきましたので、レポートをお届けします!

目次

「但馬城崎 おうこつラーメン たぬき」の「塩ラーメン 鴨チャーシュー付き+但馬どり塩麹唐揚げセット」

但馬の自然と四季に育まれ、自家栽培米を仕様した、飼料からこだわる良質で希少な但馬鴨の魅力を贅沢に味わう「但馬鴨 おうこつラーメン」

丁寧に下処理した鴨骨を、じっくりコトコト煮込み、上質な鴨ならではの上品なコクと旨味を抽出した雑味のない、無添加にこだわったスープ

程よいコシと小麦の風味が味わえる特製麺、自家製鴨チャーシュー、自家製鴨つくね、秘伝の香味油、新鮮な長葱や水菜など…厳選された素材で彩られる自慢の逸品

地元産にこだわり醤油を熟成させたブレンド醤油、竹野産の”誕生の塩”や国産胡麻を使い、こだわり抜かれた三種三様の「上質な旨味」をお愉しみ下さい

「但馬城崎 おうこつラーメン たぬき」さんのメニュー表より引用

「鴨」というところに着目されたことも含め、とにかく、ありとあらゆる部分にこだわられている、というのがこのメニューに載っていたい文章から感じられます。

この文章を読むだけでも期待が膨れ上がりました。

「但馬城崎 おうこつラーメン たぬき」ラーメンメニュー

「但馬城崎 おうこつラーメン たぬき」さんのメニュー表

早速ラーメンのメニューを確認。
こちらがメインのラーメンメニューとなっております。

  • おうこつ醤油ラーメン(鴨チャーシュー付き or 無し)
  • おうこつ塩ラーメン(鴨チャーシュー付き or 無し)
  • おうこつ担々麺
  • 但馬牛おうこつラーメン(醤油 or 塩)

トッピング & オプションメニューとして、

  • 追い鴨チャーシュー(3枚)
  • 城崎元湯温泉たまご
  • 替え玉
  • ライス(但馬産コシヒカリ)

「但馬城崎 おうこつラーメン たぬき」ランチ限定メニュー

ランチタイムは、11:00~14:30(ラストオーダー 14:00)。

  • Aランチ:但馬どり塩麹唐揚げセット
    (お好きなラーメン、ライス、但馬どりの唐揚げ、サラダ、ピクルス)
  • Bランチ:鴨めし温玉セット
    (お好きなラーメン、ライス、鴨めし具、温泉たまご)
  • Cランチ:焼きおにぎり温玉セット
    (お好きなラーメン、焼きおにぎり、温泉たまご、ピクルス)

せっかくなのでランチ限定メニューでラーメンをいただくことにします。

「鴨」をより感じてみたいので、今回は「おうこつ塩ラーメン」の「鴨チャーシュー付き」で、「Aランチ:但馬どり塩麹唐揚げセット」を注文しました。

醤油ラーメンも担々麺も、そして但馬牛のラーメンというのもめちゃくちゃ気になりますが、今回は「塩」で。

10分もかからないうちに到着したラーメンがこちら。

おうこつ塩ラーメン

スープがなんともきれい。
キラキラしてる。

ネギも水菜も見るからに新鮮さが伝わってきます。

こちらが鴨のチャーシュー。
脂が乗っていますね。
そのまま食べても良し、スープに浸して食べるも良し。
お好みで柚子胡椒を。

そして、但馬どり塩麹唐揚げ。
唐揚げは3個。
サラダとピクルスも添えてあります。

白ご飯は、但馬産のコシヒカリ。

Aランチ:但馬どり塩麹唐揚げセットの全容はこちら。
ボリューム満点です!

それではいただきます!

まずはスープから。
塩ラーメンということで、スープの色は薄そうに感じますが、一口いただくと全然そんなことはなくて。

しっかり味がついていて、香りも良いです。
鴨のスープということですが、全く臭みやクセもなくて、とても上品なスープです。

自家製鴨つくね

この自家製鴨つくねも食感も良くて美味しかったです。

麺はストレートの細麺。
コシもあって口当たりも良く、ツルツルと箸が進みます。

鴨チャーシュー

そしてメインの鴨チャーシュー。

まずはそのままで。
固くはないです。
弾力があって、噛むほどに鴨の旨味が出てくる感じ。

スープに浸して味を少し変化させてもOK。
ゆず山椒が美味しかった。

鴨チャーシュー、初めて食べましたがアリだと思います。

シャキシャキのネギと水菜を麺と一緒に頬張ると、食感が楽しい。
スープも忘れず交互に。
ドンドン箸が進みます。

但馬どりの唐揚げ

そして合間に、但馬どりの唐揚げやサラダ、ピクルスも。
唐揚げもしっかりと鶏の味がします。

外側はカラっと中はジュワっと。
ご飯のお供には最高です。

鴨ラーメン、あっという間に完食。
ごちそうさまでした。
美味しかったです。

こだわり薬味の説明

テーブルにあった薬味の説明。
こちらもそれぞれこだわりがうかがえます。

「但馬城崎 おうこつラーメン たぬき」の店内

店内はとても城崎温泉にマッチしたシックなインテリア。
清潔感があって、とてもきれい。

席は、カウンター5席、二人がけのテーブル席が2つ、四人がけのテーブル席が1つです。

というわけで、今回は城崎温泉にできたラーメン専門店「但馬城崎 おうこつラーメン たぬき」さんのラーメンを紹介しました。

他の醤油ラーメン、担々麺も食べてみたいので、また機会があれば伺いたいと思います。

お昼前後は混み合うので、少しずらせば待ち時間はないと思いますが、スープがなくなり次第その日の営業は終了するそうなので、ずらすとしてもお昼前がおすすめです。

なかなか出会うことがない、鴨をベースとしたラーメン屋さんですので、一度は食べておきたいですね。

「但馬城崎 おうこつラーメン たぬき」さん、ぜひ行ってみてください。

「但馬城崎 おうこつラーメン たぬき」お店情報

住所〒669-6101 兵庫県豊岡市城崎町湯島391番地 木屋町小路(D区画)
TEL0796-32-0190
営業時間11:00~14:30、17:00~21:30
定休日水曜・木曜
駐車場無し
子連れ
テイクアウト
Web・SNS「但馬城崎 おうこつラーメン たぬき」インスタグラム
メモ
  • 情報が変更されていたり臨時休業等がございますので、訪問される場合、営業時間・定休日・メニュー等は公式情報をご確認ください

飲食ならびに飲食関連をお店経営、運営されている皆様へ

北近畿エリアで飲食店または、飲食に関連するお店を経営、運営されているお店であればどなたでも当サイト「モグキタ」に無料で登録することができます。ぜひご登録ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる