新温泉町の焼肉屋「但馬牛レストランはまだ」で美味しいお肉をいただきました!

豊岡市と兵庫県美方郡新温泉町にある、但馬唯一の神戸牛販売指定店「但馬牛の里はまだ」さん。

直営店は豊岡と美方郡新温泉町にありますが、美方郡新温泉町の直営店の近所に、美味しい但馬牛の料理が食べられるレストランがあります。

それが今回ご紹介する「但馬牛レストランはまだ」さんです。

豊岡店の写真

このお店、なんと2016年ミシュランガイド兵庫特別版(MICHELIN GUIDE)に掲載されたんですって。

全国のブランド牛(黒毛和牛)の大元をたどれば、繁殖メス牛のうち99.9%が、兵庫県美方郡香美町小代区で生まれ育った名牛「田尻」号の子孫なんだとか。

ちなみにですが、神戸牛っていうのは、神戸で育った牛ではないんですよ。

但馬地方から淡路島まで兵庫県内で生まれ育った「兵庫県産(但馬牛(たじまうし))」の中から選ばれます。

松坂牛も、但馬地方の美方郡産の和牛(但馬牛)の生後7ヶ月~8ヶ月ほどの選び抜いた子牛を、約3年間、三重県松阪市やその近郊の農家の手で1頭1頭手塩にかけて育てられた牛のこというそうです。

近江牛や飛騨牛、佐賀牛、宮崎牛、前沢牛、石垣牛、鹿児島牛など、全国で有名な和牛のほとんどが但馬牛の系統なんですって。

但馬牛については「はまだ」さんのホームページに詳しく書かれているので、興味のある方はそちらをご覧ください。

というわけで、その但馬牛の焼き肉に舌鼓。たっぷり堪能させていただき至福の時間でした。

目次

「但馬牛レストランはまだ」の焼き肉が最高に美味い!

お店に入り、席につき、早速お肉をオーダー。

時期が時期だったので、お店には僕たち以外のお客さんはいませんでした。

透明な仕切りのカーテンがしてあったり、感染予防対策も万全。

乾杯してしばらくするとお肉が到着しました。

まずは塩タン!

薄くスライスされていますが、口の中での存在感がすごい。

全く硬いとかではないのですが、噛めば噛むほどに肉の旨味がにじみ出てきます。

そして、ヘレ、ハラミ、ロース!

どれも美味しかったのですが、特にこの「ヘレ」よ…。

これ、すんごいです。

初めて味わうお肉の味、食感。

うまく言葉では言えませんが、まぁこれ、美味い!(語彙力のなさときたら…)

まぁまぁお値段のする部位ですが、調子に乗っておかわりしてしまいました。

そしてホルモン。

てっちゃん、コリコリのプリプリで美味しかったな。

他にも色々食べたのですが、食べることに夢中すぎて写真を撮るのを忘れてしまいました。

しっかりお腹いっぱい堪能して、最後のお口直しにシュークリームをサービスでいただきました。

これもお口直しに美味しかったです。

なんといってもやっぱり「ヘレ」ですね。

これはもう一度食べたい。

「はまだ」さんに来られたら、この「ヘレ」は絶対に食べてみてください。

本物の「但馬牛」が楽しめるお店「但馬牛レストランはまだ」さん、間違いなしです。

新温泉町に行かれたら、ぜひ足を運んでみてください。

豊岡市と新温泉町に直営店がありますので、お肉を購入するのであればそちらでぜひ!

「但馬牛レストランはまだ」お店情報

飲食ならびに飲食関連をお店経営、運営されている皆様へ

北近畿エリアで飲食店または、飲食に関連するお店を経営、運営されているお店であればどなたでも当サイト「モグキタ」に無料で登録することができます。ぜひご登録ください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる